少し前から言われておりますが、今日本の若い人の間では、キーボード離れが進んでいるそうです。
大学のレポートをフリック入力ですます人もいるらしいとか。
キーボードの方がはるかに打ちやすく、確実で、早いのに・・なんて思ってしまいます。

これからの将来は、フリック入力が主流になってしまうのでは?なんて声もあがっているようです。

う〜ん・・ちょっと飛躍しすぎっ

個人的な意見ですが、、
そもそもフリック入力とキーボード入力の用途が違うと思うんです。
フリック入力は、スマートフォン、モバイル機器のあの小さい画面からでも他者とコミュニケーションととるためにメッセージを作成できるようにとフィーチャーフォン(ガラケー)のトグル入力から進化してきました。
対して、キーボード入力は、コンピュータを道具として様々な事を行わせる、コンピュータとコミュニケーションを取るためのものです。

現代ではどんな仕事を選んでも、情報技術とは切り離せません。コンピュータを使って仕事をする事は欠かせないでしょう。
仕事をするうえで、なぜわざわざ小さい画面ため・・という物理的な制約から生まれた入力方法を選択していくのでしょうか?
具体的な入力方法にしても、フリック入力は、該当のキーを探してタップ。キーによっては、さらに指をスライドしなければ入力できません。それに指1本しか使えません。
キーボード入力は、該当のキーを探してプッシュするだけです。指は10本使えます。
う〜ん・・キーボードの方が効率的です。

タイピングは全く特別な事じゃないですよね。慣れです。タイピングをマスターしてしまえば、コンピュータを使って本来やりたい事に全神経を集中できます。覚えておいて損はないですね。
しかも早いうちから始めれば、お子さんは、すぐに覚えてしまいますよ。

ごめんなさい。また前置きが長くなってしまいました。
そんなわけで、今日は、お子様でもできるタイピング練習ができるウェブサイトをいくつかご紹介します。
ウェブサイトでできるので、インストールする必要も、なにか設定する必要もありません。
アクセスすればすぐにでも始められますよ!

※あれ、キー入力できないぞ・・という人は、文字入力が「直接入力」になっていません。[半角/全角]キーを押すと直接入力に切り替わります。

まずは一つめ 早打ちココア

初めてのお子さんにおススメです。
画面のマスにアルファベットのビンが登場し、主人公のココアがピストルで撃つタイピング練習ゲームです。
コースは、スタディ、ノーマル、ワード、チャレンジと4つのコースが用意されており、いきなりローマ字打ちではなく、スタディコースから始めて、指の基本位置からきちんと練習していけます。
指のホームポジションから学んでいくので、タイピング練習には一番いいかと思いますよ。早打ちココア

続いて二つめ キッズ@nifty

定番です。
いくつかのローマ字打ちタイピング練習ゲームが掲載されており、それぞれ難易度が3段階で評価されています。
難易度1から始めるのがいいでしょう。
キッズ@nifty

三っつめ 寿司打ち

回転ずしをモチーフにしたローマ字打ちのタイピング練習ゲームです。
お皿が流れてしまう前に打ってゲットせよ。
他のタイピングソフトに飽きたらこれかなぁ
寿司打ち

番外編(実はこれが一番好き!)

海外のタイピング練習ソフト
個人的には、これが一番好きです。記事のアイキャッチ画像に使っているぐらいです。
ホームポジション、Fキー、Jキーから始まり、しっかりと基本から学んでいけます。
デザインもシンプルでとっても洗練されていて、タイピング練習専用のサイトなので、他に情報が表示されていないので、気が散る事もないでしょう。
指の位置も常に表示されていますので、わかりやすい!ログインすれば進捗状況や点数も保存してくれます。
無料でこのクォリティ?凄いですね。海外の多くの学校でも採用されています。
指の位置が表示されている

風船が落ちる前に打て!TypingClub

何しろ打っていて気持ちいいですね。課題をクリアしていくと、主人公が忍者のタイピング練習課題になったりして飽きさせません。
難点は、日本語環境が用意されていない事ですが、英語を触る入口としてもよいですし、子供は吸収が早いのですぐ慣れてしまうと思いますよ。

如何でした?
未来は、キーボード入力か?フリック入力か?
どちらが優れているという事じゃなくて、そもそもの用途が違うので、白か黒ではなく、どちらも生き残っていくのではないでしょうか。